仲介手数料を知ろう|敷礼ゼロを基準にしよう|賢い選択で快適な暮らしを
マンション

敷礼ゼロを基準にしよう|賢い選択で快適な暮らしを

仲介手数料を知ろう

メンズ

仲介手数料とは

仲介手数料という言葉は、ちょっと聞きなれない言葉です。この言葉の意味は不動産の売買時に使われる言葉です。不動産を主要しているオ-ナ−さんが何らかの目的で、自分の主要している不動産の物件を売りたいときに、不動産業社に依頼して、買主を探してもらいます。そして買主がせ見つかった際には、売ることになりますが、素人が不動産の売買をしようとしても手続き等難しいです。一般的には、不動産業社と仲介の契約を結びます。仲介の契約としては、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約を締結します。そして、買手が決まって売買契約を締結した際には、仲介手数料を売主が媒介契約を結んだ不動産業社に対して、その報酬として仲介手数料を支払います。通常は宅建業法でさだめられた 、一定額を支払いますが、最近は仲介手数料無料という不動産業者も現れています。

仲介手数料の値段

仲介には一般媒介契約、専任媒介契約、専属媒介契約があります。その詳細ですが、一般媒介の場合には、複数の会社と媒介契約を結ぶことずできます。専任媒介契約の場合には、一社のみとの契約で、契約後、二週間に一回の販売活動報告の義務が付随います。専属専任媒介の場合には、さらのしばりがきつく、報告は一週間に一回、万一売主が自分で買ってくれる人を見つけ、売ってしまうとペナルメティが発生します。いずれのケースらにしても売買が成約した場合には仲介手数料を支払うことと、宅建業法で定められています。そこで、最近、仲介手数料無料という不動産業者が散見されます。仲介手数料無料という言葉には引かれますね。しかし、そこは、よく見極める必要があります。なぜなら不動産業者は町会手数料が入ることで仕事が継続できるわけです。仲介手数料無料では、不動産の売買時に利益が発生しません。仲介とは別の部分で利益を得ようとしているという見方もできます。例えば、新規の物件の購入の勧誘とかです。言葉に惑わされることなく、他の条件等についてよく契約書なりを熟読することが必要です。